北壁

標高差2000m。この勇壮で恐ろしげなアイガー北壁の登頂は、現在でも一流登山家の証でもあります。
初登頂からすでに70年。多くの命を奪った殺人の壁。なにが人々を惹き付けるのでしょうか。

恐らく不可能の限界に挑むことは、人間に課せられた使命であり、本念的な欲求であるのかもしれません。
だからこそ人間は尊いともいえるのかもしれません。
f0081988_728894.jpg

[PR]
by schale21 | 2006-03-01 07:34 | 詩と文学 | Comments(0)


<< 宇宙 森林限界 >>