宇宙

黎明と日没は、私たちの住む地球が宇宙の一員であり、その崇高で犯しがたいリズムの中で生きていることを、もっとも美しい形で思い出させてくれます。
それが高山での出来事であればなおさらのことです。

それはまた、旅立ちと帰郷、出会(しゅっかい)と別離の物語でもあります。

撮影はスイス、ブリュームリスアルプ連峰
f0081988_7351635.jpg

[PR]
by schale21 | 2006-03-01 07:35 | 詩と文学 | Comments(0)


<< とりあえず 北壁 >>