”はじめて出会う平和学”を読んで

”自由はただ、決意と勇気によってのみ守られる。真の勇気は希望のないところにも不動である”
                   芳賀檀
”平和学とは平和に関する学問ではなく、平和のため、平和を創造する学問である”
                   児玉克哉

チベットの争乱のニュースが世界を揺るがしている。
中国政府がチベットの独立をゆるせば、火の手は台湾、新彊ウイグル 自治区等にも飛び火し、ひいては目覚ましい経済発展を遂げる沿岸部と、内陸農村部との争いにまで発展しかねない。中国の歴史の半分は、中央政府の強権が緩んだ時代の分列国家状態であったことを思う必要がある。
思えば、この国の共産主義革命とは、中国人の家族主義に基づく、独特の個人主義的メンタリティー克服の試みでもあり、一種の精神革命の試みでもあったのかもしれない。革命時代の強力な精神的指導者を失った今、時代はまた大きな試練をこの大国に課している。
しかし争乱のニュースは中国からだけではない。
ガザを中心とするハマスとイスラエルの闘争、イランを廻る政治的駆け引き、イラク、アフガニスタンから発せられる悲惨なニュースの数々、今だ冷めやらぬバルカンの闘争、独立後の混乱を制しきれず、混迷の道を歩むアフリカ諸国、コロンビアを廻る南米の不穏なニュース。
これらの多くに共通する事は、裏に民族問題、国境問題を孕んでおり、その根は20世紀の争乱の中に撒かれたものであると言うことである。
よく、第二次大戦は第一次大戦の延長であり、その根はさらに普仏戦争、ナポレオン戦争、さらには30年戦争まで遡るとまで言われる。戦争は次の戦争を呼び、その循環は止まる事を知らない。
人類最悪の世紀である20世紀に撒かれ残された課題は、そのまま現代の人類的課題として、私達の生存を脅かしている。
それは、もう一つの人間の戦争である環境問題においても顕著である。

この難局を乗り切るには、私達自身を変える他はない。私達は病的なナルシズムに満ちた自己賛美を止めて、その過去を反省し、その目標と理想を洗い直し、立て直す必要があるのだ。
私達が寄って立つ科学においても、その転換が迫られている。科学は科学のためにあり、モラルの面では中立であるなどというのは、古びた19世紀的な幻想にすぎない。
すべての科学、そして芸術などの文化は、平和という目的に奉仕すべきである。
平和学こそ、そべての学問の基礎であり、未来の総合科学である。
なぜに人間は戦争を行い、それを正当化し、また、自然に対しても闘争を挑むのか。また、それはどのような方法によって克服が可能なのか。
それこそ、人類が追求すべき最も緊急の課題であり、その解明を通して、全く新しい人間存在の地平を開くことが可能となるであろう。

日本では平和学という学問の名前すらそれほど知られていない。
それは、大学において講座すら満足に行われていないからである。独立した学科として講義が行われているのは、今だ一部の大学にすぎないという。
だが平和学は、大学のアカデミーでのみ研究される学問ではなく、広く社会の中に行われるべき学問でもある。
その意味で平和学は、広く万人に開かれた学問であり、市井の庶民がそれに触れてこそ、はじめて本来の意義を持つ学問である。また、それは万人の中に研究されるものであり、真理を知った碩学が、無知な市民に教えを垂れるというような古びた権威とも無縁である。真理は社会の中に、歴史の中に、自然の中に、共々に研究され、確立されねばならない。

難解な問題を難解に語る事は容易ではない。だが、もっとも多岐的で難解な問題を平易に語ることは芸術に等しい。
この短い書物の中には、珠玉の思想が籠められている。

著者はいう。
”平和学とは希望を創りだす学問である”
この言葉ととともに、原爆の炸裂の惨劇を逃れたロウソク一本の灯さえない地下壕で、新たな生命を産み出す母と、最後の命を絞ってそれを介護する産婆の逸話が語られている。
絶望と希望は共に人間の所作であり、それは極限のドラマでもある。
医師であり、高名な作家であったハンス カロッサは、やはり命を賭して子を産んだ母の挿話を書いている。
難産のため苦しむ若い母に、医師は告げる。
子をあきらめればあなたは助かる。だが、産めば、子は助かってもあなたが命を失う。
母は、なんのためらいもなく子の命を救う事を願い、息を引き取る。居合わせた医師や人々は、その厳粛な光景に息を呑み立ち尽くし、言葉もなかったという。これは作家の体験に基づいた実話である。
原始仏典にも同じ話がある。
旅を続ける娼婦である母は、幼い子とともに渡ろうとした大河の流れに呑み込まれてしまう。
子を離せば自分は助かる。だが、子を見捨てる事が出来なかった母は、共に大河に呑み込まれて沈んでしまう。
しかし、そのエゴを超越した生命の力により、死後、共に天上界に産まれたという。
いずれも、弱肉強食、強者生存という、現在の自然科学、経済学でうたわれていることとは対極の世界である。
思えば、もっとも子や家族、身内の生命を尊び、時にはそのために自信の命すら危険にさらす哺乳類が、地球という生命の進化の頂点である事実こそ、この現代思想の誠に手前勝手な解釈の誤謬を語っているのではないだろうか。

”幾万人が死んだというような抽象的な数字ではなく、私たちは被害者の個人の悲劇に注目しなければならない。それを忘れるなら、平和学は単なる軍事学になってしまう。人間の生命の尊さを出発点として積み上げられる理論こそ重要なのである”
これは偉人の言葉と思う。
平和学は涙の学問である。そして平和学は復讐の学問である。
その堪え難い悲劇性を体験し、なおかつ、真っ正面から向かい合う勇気のあるところに平和学は産まれる。
弱者、敗者への同苦なくして平和学はありえない。それは偽善の同情でもなく、センチメンタルで弱々しい感傷でもない。
それは悲劇のまっただ中に飛び込む勇気と、悲しみを背負ってなおかつ前に進む力を必要とする。
感性、想像力の枯渇こそ悲劇の根源である。なぜなら、一人の母、一人の妻、一人の夫に思いを致す時、いかなる抽象化の理論も力を失い、いなかる戦争も正当化することはできないからだ。
平和学の父とも呼ばれるガルトゥング博士の出発点も、父をナチスに殺害されたところにあるという。
そのため博士は、戦後も数十年にも渡って、ノルウェーからイタリア旅行の際も、ドイツを通らず避けて遠回りをしたという。戦争と暴力に対する闘争という、人類の不可能に挑む戦いは、ひとつの復讐の執念から始まったのだ。それはまさに人間自身の中に潜み、歴史を支配してきデーモン(魔王)との闘争である。

本書ではその他、環境問題、移民問題、女性差別問題、防衛問題など、もっとも難しいテーマを正面から取り上げている。
すべては未来を築くためである。
驚くべき事にこの書物は、増刷を重ねてある種のベストセラーともなっているという。
人々が本当はなにを欲しているかかいま見る思いである。
平和こそ人々が希求するものであり、暴力礼賛、財産と資源の一極集中による貧困と破壊など、誰も欲してはいないのだ。メディアこそそれに気づくべきである。平和と希望の創造はある意味、単純で容易いことでもある。

schale


”はじめて出会う平和学”は、平和学の入門書として、児玉克哉博士、佐藤安信教授、中西久枝教授の共著として有斐閣から出版されています。定価1900円。

写真、文、schale
EOS1Ds, 1Dmk2, EF35mmF1.4, EF70-200F2.8IS, EF300nnF2.8IS
f0081988_10154643.jpg

f0081988_1016526.jpg
f0081988_10191995.jpg

[PR]
by schale21 | 2008-03-17 10:19 | 平和への構想 | Comments(16)
Commented by Capucci-mm at 2008-03-17 15:08
最後の写真・・・絶句です・・・神の高みを見るような・・・
Commented by demian at 2008-03-17 22:50 x
そういえば芳賀檀氏はカロッサ作品もいくつか翻訳されていますね。これまたすべて絶版になっていますが。
Commented by schale21 at 2008-03-17 23:19
demianさん、そうですね。ベルトラムやSゲオルゲを通じて直接交流があったようです。ちなみに、H カロッサは本国のドイツでは日本でほど知られていません。バイエルンにはカロッサギムナジュウムなどもあるのですが。日本では独文愛好家の間でファンも多いかと思います。
ゲーテと似せたと言われる文体で、原文が多少難解で読みにくいのもあるのかもしれませんが。
E ユンガーはちょうど逆で、こっちで知らない人はいませんが、日本では研究者も少ないですね。
日本から書籍が届き次第、先生の戯曲も取り上げたいと思います。
Commented by GEM at 2008-03-18 21:06 x
こんばんは
本にも興味がありましたので 調べるとロングセラー今年2月にも東京新聞で紹介されたらしいですね。コメントも拝見しました、いくら本を読まないと云っても全くこの本のことを知らない自分が少し 恥ずかしく思いました。
Commented by ありゃいん at 2008-03-18 21:08 x
平和学という言葉すら知りませんでした。
また、チベットの状況があそこまでの極限状態だとも知りませんでした。
これは日本が平和であることの証なのかも知れませんが、海外のことを、特に現状では無く、その背景にある歴史をもっと学ぶ必要があるかも知れないと痛感しています。

ところで最後の写真はどこの山でしょう?
Commented by schale21 at 2008-03-19 07:57
GEMさん、そうですね。こういう本が売れてマスコミにも取り上げられるというのは異例だと思います。それだけ関心が高いということでしょう。
読みやすい内容ながら、深い視点がちりばめられています。
Commented by schale21 at 2008-03-19 08:01
ありゃいんさん、最近はご紹介できるようなものも撮っておらず、ご無沙汰してます。一月に数十年ぶりに体調壊してから今ひとつです。
今日、あの鉄人登山家のロリーさんが久々に訪ねてきたので、どうしていたのか聞いたら、なんと風邪から肺炎になって入院していたと。もちろん経験ないそうです。僕も同じ症状ですが、どこかおかしな風邪ですね。ちょっと疑問です。
Commented by schale21 at 2008-03-19 08:07
ありゃいんさんへその2
平和学は、これまでの専門学科におさまらないスケールの大きな学問ですが、産まれたのはつい最近。それだけでも人間の業を見るようです。戦争はそれこそ何千年も研究してきたのですから。
歴史とマスコミは本質は同じで、共に勝者、強者に都合のよいよう書かれるという問題があります。他の学科でもそういう傾向はありますが、この二つは顕著でしょう。そのため真実を知るのは容易ではありません。
極論ですが、すべての歴史は一度、一人一人の庶民の側にたって、一から書き直されるべきだと思っています。
まったく新しい歴史が展開されることでしょう。
Commented by schale21 at 2008-03-19 08:30
カプチさん、順光だとやはり色が出しやすいですね。僕の70-200F2.8ISはあたりなのか、素晴らしい描写してくれます。ところで何を血迷ったか328買っていまいまして、またまた財政難です。笑
Commented by 蔵之助 at 2008-03-21 20:24 x
シャーレさん、こちらでははじめましてです。^^
読み応えのあるブログですね~。
雄大な写真と併せてじっくり拝見してみたいです♪
とり急ぎご挨拶まで。m(v_v)m(^-^)m
私もリンクをいただいていきますね。
Commented by caprice_pic at 2008-03-22 22:16
シャーレさんやっとリンクが張れました。それにしても読みごたえがありますね。
Commented by schale21 at 2008-03-23 07:25
蔵之助さん、ありがとうございます。
写真と関係のない話ばかりで恐縮です。またよろしくお願いします。
Commented by schale21 at 2008-03-23 08:01
caprice_picさん、つまらない記事ばかりですみません。写真とも関係ないし。笑 
更新もめったにしませんがよろしくお願いします。
こちらもまたおじゃまいたします。


Commented by 児玉克哉 at 2008-03-24 14:11 x
シャーレさん、本の紹介、有難うございます。シャーレさんの紹介にもある「生ましめんかな」という詩は、私が学生の時にお世話になったヒロシマの詩人・栗原貞子さんのものです。世界的にも有名で、多くの国の言葉に訳されています。感動的ですよね。
http://home.hiroshima-u.ac.jp/bngkkn/database/KURIHARA/umashimenkana.html
Commented by schale21 at 2008-03-25 08:39
児玉先生、戦争や平和の問題を考えていると、人間とはいかに悪魔的な存在でもあり、なおかつ高貴な存在でもありえるかということに驚きを禁じ得ません。
しかし今はすべての人が人類の悲惨な事実に向かい合う時であり、苦痛を伴うその作業をもはや避けては通れない時だと思います。しかしその中にあって、常に希望を見いだし、希望を作り出していこうという意思ほど尊く、大切なことはないというご指摘に大きな感銘を受けています。一人でも多くの人がこの書物に触れられることを願っています。

Commented by kawazukiyoshi at 2008-08-17 20:46
平和学
考えるということなら
大賛成です。
何かをするのなら
大賛成です。
平和な世界をめざすのなら
大賛成です。
そして
今日もスマイル


<< 旅立ちのとき Wind of Change ... >>