「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Wind of Change

第一回 ショプロン

”僕は聞いた。モスクワのゴーリキ公園に立って。
それは、世界が変わりゆく風のささやきだった”
       Scorpions


1989年夏、私は連日テレビのニュースに釘付けになった。それは私だけでなく、全ヨーロッパ中の人達も同じだったことだろう。

オーストリアの首都ウィーンから、ハンガリーの古都、ショプロンまでは50kmあまり、後のスロバキア共和国の首都、ブラチスラバ(ドイツ名プレスブルグ)まではわずか60km。
このオーストリア、ハンガリーの国境と、ハンガリーの首都、ブタペストの中間あたりに、ハンガリーの海とも呼ばれる巨大な湖、バラトン湖がある。
バラトン湖は、ステップ湖特有の浅い水深による温かい水温と、風光明媚な周囲の景観とあいまって、東欧屈指の夏のリゾート地として知られていた。

当時の東欧諸国の人々にとって、世界は、私達が今日知る世界の数分の一の広さしかなった。それは、一部の外交官や政治家、スポーツや芸術分野での著名人を除いて、一般の庶民が共産圏諸国の外に出る事は生涯叶わぬ夢だったからである。
鉄のカーテンは、文字通り越える事の出来ない、有刺鉄線と銃弾の壁だったのである。

だが、時代は変わろうとしていた。
農民出身の一人の共産党指導者、ミハエル ゴルバチョフの登場によって、残忍なスターリン主義の修正が計られ、”人間の顔をした社会主義”が新たな指標として掲げられていたからである。
私はこの、経済的、社会的必要に迫られていたとはいえ、外からの圧力のためではなく、権力内部からの平和的手段によって成し遂げられた変革、自らの絶対的権力の一部を自発的に放棄するという行為は、いくら賞賛しても足りない人類史的な意義を持っていると考えている。
それは古代インドの伝説の帝王、アショカ大王の先例以来の歴史的快挙であった。
それは、凍てつくシベリアの大地に吹きすさぶ冷酷な寒風に替わって、生命を育む、早春のそよ風にに似ていた。
そしてその早春の風が溶かしたのは、何にも増して、凍てついた人々の心の壁だったのである。

すべての変革は心の変革からはじまる。
故に、人の心の変革を成し遂げるものこそ、真の変革者であり、時代の創造者である。
それはイエスにおいても仏陀においても、また、孔子においてもマホメットにおいても同じだった。彼らは、真に人類の教師(カール ヤスパース)だったのである。

この夏、いつものようにバラトン湖畔は東欧、とりわけ東欧の優等国、東ドイツの人々でにぎわっていた。だが、その人々の間に思いもかけない噂が広まった。
もしかしたら、ソ連の介入なく、オーストリア国境を越えられるかもしれない。
瞬く間に人々はショプロン近郊のオーストリア国境に集った。ハンガリー側の国境はだが、今だ、閉ざされたままだった。
辛く、暗い記憶が蘇った。
それは、重戦車と機関銃の騒音がけたたましく響く、ハンガリー動乱、プラハの春にともなうソ連軍の軍事介入の思い出であった。
閉ざされた国境に集い、不安な日々を送る人々の姿は、ウィーンから世界中に放送された。
クレムリンの動向を伺いながら、決定を躊躇するハンガリー政府。
国境で送る一日一日は、まるで一年のように長く感じられた。
だが、ついに歴史的な決定は下された。
かつての鉄の国境は扉を開けて、人々は長く塞き止められた奔流のように堰を越えた。
ニュースを聞いた人々は、東ドイツ全土からこの国境に集結した。
その、小さな名もなき国境の扉は、人間の新たな時代の幕開けを開く扉だった。


ドイツの世界的ロックバンド、Scorpionsの曲、Wind of Changeはこちらでご覧頂くことができます。

http://www.youtube.com/watch?v=taVW8Kv2HcQ&feature=related



この東ドイツ休暇客のオーストリア越境が、のちのベルリンの壁撤去、ドイツ統一、ソ連崩壊につながる東欧改革の第一歩でしたが、著名な平和学者、児玉教授のご希望もあり、不定期になりますが一連の変動を数回に渡って取り上げたいと思います。
ただし、記事はすべて主観的な一種の思い出としてのもので、客観的、学的術なものではなく、立場や時代によって大きく異なる点があることをご了承ください。


写真、文 schale
f0081988_9261816.jpg
f0081988_927553.jpg
f0081988_928124.jpg

[PR]
by schale21 | 2008-02-13 09:28 | Wind of Change | Comments(8)