<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

”はじめて出会う平和学”を読んで

”自由はただ、決意と勇気によってのみ守られる。真の勇気は希望のないところにも不動である”
                   芳賀檀
”平和学とは平和に関する学問ではなく、平和のため、平和を創造する学問である”
                   児玉克哉

チベットの争乱のニュースが世界を揺るがしている。
中国政府がチベットの独立をゆるせば、火の手は台湾、新彊ウイグル 自治区等にも飛び火し、ひいては目覚ましい経済発展を遂げる沿岸部と、内陸農村部との争いにまで発展しかねない。中国の歴史の半分は、中央政府の強権が緩んだ時代の分列国家状態であったことを思う必要がある。
思えば、この国の共産主義革命とは、中国人の家族主義に基づく、独特の個人主義的メンタリティー克服の試みでもあり、一種の精神革命の試みでもあったのかもしれない。革命時代の強力な精神的指導者を失った今、時代はまた大きな試練をこの大国に課している。
しかし争乱のニュースは中国からだけではない。
ガザを中心とするハマスとイスラエルの闘争、イランを廻る政治的駆け引き、イラク、アフガニスタンから発せられる悲惨なニュースの数々、今だ冷めやらぬバルカンの闘争、独立後の混乱を制しきれず、混迷の道を歩むアフリカ諸国、コロンビアを廻る南米の不穏なニュース。
これらの多くに共通する事は、裏に民族問題、国境問題を孕んでおり、その根は20世紀の争乱の中に撒かれたものであると言うことである。
よく、第二次大戦は第一次大戦の延長であり、その根はさらに普仏戦争、ナポレオン戦争、さらには30年戦争まで遡るとまで言われる。戦争は次の戦争を呼び、その循環は止まる事を知らない。
人類最悪の世紀である20世紀に撒かれ残された課題は、そのまま現代の人類的課題として、私達の生存を脅かしている。
それは、もう一つの人間の戦争である環境問題においても顕著である。

この難局を乗り切るには、私達自身を変える他はない。私達は病的なナルシズムに満ちた自己賛美を止めて、その過去を反省し、その目標と理想を洗い直し、立て直す必要があるのだ。
私達が寄って立つ科学においても、その転換が迫られている。科学は科学のためにあり、モラルの面では中立であるなどというのは、古びた19世紀的な幻想にすぎない。
すべての科学、そして芸術などの文化は、平和という目的に奉仕すべきである。
平和学こそ、そべての学問の基礎であり、未来の総合科学である。
なぜに人間は戦争を行い、それを正当化し、また、自然に対しても闘争を挑むのか。また、それはどのような方法によって克服が可能なのか。
それこそ、人類が追求すべき最も緊急の課題であり、その解明を通して、全く新しい人間存在の地平を開くことが可能となるであろう。

日本では平和学という学問の名前すらそれほど知られていない。
それは、大学において講座すら満足に行われていないからである。独立した学科として講義が行われているのは、今だ一部の大学にすぎないという。
だが平和学は、大学のアカデミーでのみ研究される学問ではなく、広く社会の中に行われるべき学問でもある。
その意味で平和学は、広く万人に開かれた学問であり、市井の庶民がそれに触れてこそ、はじめて本来の意義を持つ学問である。また、それは万人の中に研究されるものであり、真理を知った碩学が、無知な市民に教えを垂れるというような古びた権威とも無縁である。真理は社会の中に、歴史の中に、自然の中に、共々に研究され、確立されねばならない。

難解な問題を難解に語る事は容易ではない。だが、もっとも多岐的で難解な問題を平易に語ることは芸術に等しい。
この短い書物の中には、珠玉の思想が籠められている。

著者はいう。
”平和学とは希望を創りだす学問である”
この言葉ととともに、原爆の炸裂の惨劇を逃れたロウソク一本の灯さえない地下壕で、新たな生命を産み出す母と、最後の命を絞ってそれを介護する産婆の逸話が語られている。
絶望と希望は共に人間の所作であり、それは極限のドラマでもある。
医師であり、高名な作家であったハンス カロッサは、やはり命を賭して子を産んだ母の挿話を書いている。
難産のため苦しむ若い母に、医師は告げる。
子をあきらめればあなたは助かる。だが、産めば、子は助かってもあなたが命を失う。
母は、なんのためらいもなく子の命を救う事を願い、息を引き取る。居合わせた医師や人々は、その厳粛な光景に息を呑み立ち尽くし、言葉もなかったという。これは作家の体験に基づいた実話である。
原始仏典にも同じ話がある。
旅を続ける娼婦である母は、幼い子とともに渡ろうとした大河の流れに呑み込まれてしまう。
子を離せば自分は助かる。だが、子を見捨てる事が出来なかった母は、共に大河に呑み込まれて沈んでしまう。
しかし、そのエゴを超越した生命の力により、死後、共に天上界に産まれたという。
いずれも、弱肉強食、強者生存という、現在の自然科学、経済学でうたわれていることとは対極の世界である。
思えば、もっとも子や家族、身内の生命を尊び、時にはそのために自信の命すら危険にさらす哺乳類が、地球という生命の進化の頂点である事実こそ、この現代思想の誠に手前勝手な解釈の誤謬を語っているのではないだろうか。

”幾万人が死んだというような抽象的な数字ではなく、私たちは被害者の個人の悲劇に注目しなければならない。それを忘れるなら、平和学は単なる軍事学になってしまう。人間の生命の尊さを出発点として積み上げられる理論こそ重要なのである”
これは偉人の言葉と思う。
平和学は涙の学問である。そして平和学は復讐の学問である。
その堪え難い悲劇性を体験し、なおかつ、真っ正面から向かい合う勇気のあるところに平和学は産まれる。
弱者、敗者への同苦なくして平和学はありえない。それは偽善の同情でもなく、センチメンタルで弱々しい感傷でもない。
それは悲劇のまっただ中に飛び込む勇気と、悲しみを背負ってなおかつ前に進む力を必要とする。
感性、想像力の枯渇こそ悲劇の根源である。なぜなら、一人の母、一人の妻、一人の夫に思いを致す時、いかなる抽象化の理論も力を失い、いなかる戦争も正当化することはできないからだ。
平和学の父とも呼ばれるガルトゥング博士の出発点も、父をナチスに殺害されたところにあるという。
そのため博士は、戦後も数十年にも渡って、ノルウェーからイタリア旅行の際も、ドイツを通らず避けて遠回りをしたという。戦争と暴力に対する闘争という、人類の不可能に挑む戦いは、ひとつの復讐の執念から始まったのだ。それはまさに人間自身の中に潜み、歴史を支配してきデーモン(魔王)との闘争である。

本書ではその他、環境問題、移民問題、女性差別問題、防衛問題など、もっとも難しいテーマを正面から取り上げている。
すべては未来を築くためである。
驚くべき事にこの書物は、増刷を重ねてある種のベストセラーともなっているという。
人々が本当はなにを欲しているかかいま見る思いである。
平和こそ人々が希求するものであり、暴力礼賛、財産と資源の一極集中による貧困と破壊など、誰も欲してはいないのだ。メディアこそそれに気づくべきである。平和と希望の創造はある意味、単純で容易いことでもある。

schale


”はじめて出会う平和学”は、平和学の入門書として、児玉克哉博士、佐藤安信教授、中西久枝教授の共著として有斐閣から出版されています。定価1900円。

写真、文、schale
EOS1Ds, 1Dmk2, EF35mmF1.4, EF70-200F2.8IS, EF300nnF2.8IS
f0081988_10154643.jpg

f0081988_1016526.jpg
f0081988_10191995.jpg

[PR]
by schale21 | 2008-03-17 10:19 | 平和への構想 | Comments(16)

Wind of Change 第二回 


時代を変えた誤報

毎週月曜日の夜になると、父と母は幼い彼女を残して教会に出かけた。
少女は不安だった。それは家に一人取り残されたからではなく、両親が二度と帰ってこないかもしれないという不安だった。

ハンガリーの片田舎、ショプロン郊外の国境が事実上開かれてから、東西を隔てるベルリンの壁は、急速にその意味を失いつつあった。壁の抜け道は、遠く離れたハンガリー、オーストリア国境に開かれていたからである。 
東独に多い新教教会の主導で、集会は毎週月曜日に開かれた。それは月曜デモと呼ばれ、自然に人々の世論喚起の場として機能するようになった。 
だが未だ、ホーネッカーの権力も、東独共産党も、その秘密警察も健在だった。  
国民の数十人に一人は政府の傍聴の協力者と言われた。密告の網は縦横に張り巡らされ、学校、職場は言うに及ばず、家族内においてさえ、体制批判は危険を伴う自殺的行為だった。 
あるとき、同級生の一人は、一夜にして家族もろとも失踪した。以前から体制に批判的で、親戚を通じて西側への亡命を希望していた一家だった。移住は許可されたが、それは一晩の内に実行されなければならなかった。周囲へ影響を与えることは、完全に阻止されねばならなかったからである。

人種、性差を超えた人類の平等と、社会正義の実現を目指した理想に燃えた社会主義が、人間抑圧の道具と成り果てた歴史的事実は、永遠に掘り下げて考察し続けなければならない人類の課題である。
私は、そこに啓蒙主義以来の知性万能主義、神の万能性にとってかわろうとする、理想主義の危険性と傲慢さを深く感じる。
今日では、社会主義国家の崩壊は、西側の物質文明の勝利であるかのように喧伝されている。
だが、体制崩壊のエネルギーとなった人々の不満の根本は、豊かな物質文明への憧れではなく、何にも増して、その子供じみた人間抑圧の思考方法の押し付けにあった。それはまさに、目的と手段をはき違えた人間の大いなる誤謬であった。

月曜集会を機に、次第に人々の間には自由の空気が広がっていった。それはまさに新しい風であり、人間主義の風であった。
何故なら、その時代の空気こそ、社会主義的人間平等の理想と、自由主義の理想とが融合したものだったからである。
それは、今日の反ヒューマニズム的な野蛮な弱肉強食の自由主義、強者のための自由主義ではなく、人間の尊厳に根ざした自由主義であった。

すべての権力の基盤は人の心にある。それはいかなる財力も武力も超越している。
なぜなら人間は、愛や理想のために命を投げ出す存在だからである。そして、それを最も知悉しているのは他ならぬ権力者自身である。
故にすべての権力者は、人々の心の琴線を揺さぶる者をもっとも恐れる。
今日において、財力や世俗的権力が人生の目的、理想であるかのように喧伝されるのは、それを人々が理想として生きるところにのみ、権力の基盤が維持されるからに他ならない。この意味において、社会主義の理想は、この権力基盤に対する最も危険な挑戦であった。

新ベオグラード宣言を元に、各国の自主路線を強調したゴルバッチョフの演説は、ホーネッカーを見放したも同然だった。
人々はゴルビーの名を叫びながら、ホーネッカーの退陣を公然と口にするようになった。
ハンガリー国境(ショプロン)での、いわゆる汎ヨーロッパピクニック運動からわずか数ヶ月。89年10月にはホーネッカーは退陣を余儀なくされた。

そして崩壊は突然訪れた。
東独政府は、事実上崩壊した鉄のカーテンに対応するため、西側を含む旅行許可に関する規制緩和を可決した。
体制側の代表的なジャーナリストとして知られていたギュンター シャボスキーは、その法案を発表する担当官であった。
しかし、法案可決もその手続きも、すべてが予期せぬ出来事の中、混乱とともにあまりに性急に進められたものだった。
報道担当官であるシャボスキー自身、その内容についての詳細な知識は持ち合わせていなかった。
画期的な法案の発表につめかけた報道陣は問いかけた。”発行はいつからですか?
私の知る限り直ちにです。”
実際には、発行は翌日からで、それも政府発行の特別ビザを所持した者のみに対する許可であったが、情報は一人歩きし、国境はただちに自由に行き来できるとの衝撃的な噂が瞬時に広がった。
人々は分断の象徴であるベルリンの壁の前に自然に集まった。国境は閉鎖されたままだったが、国境警察は事態を何も知らされていなかった。報道を聞いた市民は西側からも集まり始めた。通過を拒否すれば暴動に発展する恐れがある。
こいうして国境の壁は自然に開かれ、人々の歓喜の往来がはじまった。
翌朝にはハンマーを持つもの、重機を持ち込む者まで現れ、1961年に突如として建設された分断の壁は、あまりに唐突にその役割を終えたのである。

かつては絶対にこえることのできない、自動小銃とコンクリートの壁。猫一匹こえることのできないとさえ言われた分断の壁。
しかしその終焉はあまりにあっけなかった。それはすべての圧政と権力の崩壊に通じる法則だった。
人々の心が変わるとき、すべてが変わる。不可能と思われる運命の克服も可能となるに違いない。

schale


ライプチッヒ出身のシャイラさん。当時は12歳。
ボスニア出身のご主人とともに現在はスイス国籍を取得。
ドイツ国籍は保持したまま。二重国籍は時代の趨勢となりつつある。
撮影シャーレ。Canon 1Ds. EF200mmF1.8                        
f0081988_1050638.jpg


f0081988_10513852.jpg


f0081988_105214100.jpg

[PR]
by schale21 | 2008-03-13 10:52 | Wind of Change | Comments(12)