「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

極北の光3  真夏の豊穣 シュピッツベルゲンの生

f0081988_10211584.jpg

f0081988_10233517.jpg


私たちが追いやった野生たちは、今や極北の地、熱帯の密林の中にわずかに、そしてひっそりと残されるのみである。

環境破壊。
それは私たち自身の生命そのものの破壊に他ならない。
それは、環境という外部の破壊ではなく、心という目には見えない、しかし、宇宙の最も決定的で本質的な営みの破壊の投影にほかならない。

人は神になろうとした。
全て、創造と破壊の力を手にしようと、もがき、苦しんだ。
だが、彼らが神と信じたものは、破壊と嫉妬の悪魔に他ならなかったのだ。

この最後の楽園に暮らす動物たちは、今だ恐れることを知らない。
躍動する、見知らぬ者への好奇に満たされている。
好奇とは、世界に対する信頼と愛の証に他ならない。
しかしもう、残された時間と場所は、わずかもない。

紀元前5世紀。第一の枢軸時代において、私達を導いたのは、偉大なる覚者、人類の教師たちだった。
ある歴史家は、紀元前後から7世紀にかけて、イエスの思想や大乗仏教の興隆の時代を第二の枢軸時代と名付ける。砂漠の部族の古く非人間的な伝統と対峙し、女性たちを野蛮な暴力から解放せんと試みたモハメッドも同様である。
それは、先覚者の思想を、知的エリートの専有物から解き放ち、万人のものとするための壮烈な戦いだった。

今、新たな枢軸時代にあって、私たちを導くのは偉大な天才達ではなく、私たち自身意外にはないのだ。
それは、さらに大きな世界精神の目覚めである。




北緯80度、ノルウェー領、シュピッツベルゲン島は、スカンジナビア北端と北極点の間に浮かぶ氷河に満たされた孤島である。
この永久凍土の大地の奥深くには、核戦争の惨劇に備え、地球の生命の種子を絶やさないため、世界各地の植物の種子が保存されているという。
なんという愚かなことであろうか。
私たちは私たちの知性を、より本質的で、より価値的、創造的なもののために使う事を学ぶべきである。

文  Schale
写真 Simona Schale


Camera EOS5Dmk2, EOS400D,
Lens Sigma 80-400mmF5.6, EF18-55mmF5.6, Tamron 90mmF2.8Macro
f0081988_10243647.jpg

f0081988_10263779.jpg

f0081988_10493494.jpg
f0081988_1048327.jpg
f0081988_10442750.jpg
f0081988_1044149.jpg
f0081988_10433496.jpg
f0081988_1043283.jpg
f0081988_1042337.jpg
f0081988_10423788.jpg
f0081988_10421110.jpg
f0081988_10393543.jpg
f0081988_10385968.jpg
f0081988_10383676.jpg
f0081988_10384545.jpg
f0081988_10355760.jpg
f0081988_10353716.jpg
f0081988_10355293.jpg
f0081988_10352491.jpg
f0081988_10341179.jpg
f0081988_10342787.jpg
f0081988_10322985.jpg
f0081988_1032525.jpg
f0081988_10294145.jpg
f0081988_10283273.jpg
f0081988_1028855.jpg
f0081988_10274636.jpg
f0081988_10272095.jpg

[PR]
by schale21 | 2012-10-29 10:49 | Comments(5)

徒然の所感  1 EUノーベル平和賞、領土問題、、エラスムスのことなど、、

アクサルプ, スイス空軍ショーにて

f0081988_814201.jpg

スイスアルプス山中での実弾空軍訓練は、ギサン将軍の命による第二次大戦中からのスイス空軍の伝統である。
写真はスイスに導入検討中のスウェーデン製グリペン。




現代フランスの天才的な社会学者、政治学者であるエマヌエル・トッド氏は、自分は歴史の進歩を信じていると述べている。

男女青年世代の識字率が50パーセントを越えると、その社会では必然的にあと戻りのきかない激変が起き、同時に出生率の低下が起こり始めると。多くの場合、とりわけ女性の識字率が大きな影響を与えるという。また、読み書きの出来る息子と文盲の父と言う関係は、社会の伝統的権威を根底から覆す影響を与えるとも。

その歴史法則は、例外なくいかなる社会も共通であり、それはかつてのクロムウェルの革命、フランス革命、ロシア革命、中国の革命であり、また今日の北アフリカをはじめとするイスラム諸国での変動もその延長にすぎないという。
そして最後の地、アフリカ内陸において識字率が50%を越えるのは2030年頃であり、この時から人類史はその発展の新しい局面に入るだろうと。
このある種の楽観主義的世界観は、近代ヨーロッパに流れる、良い意味での啓蒙主義、ひいてはその淵源でもある人文主義を彷彿とさせるものである。

この度、驚くことにEUがノーベル平和賞を受け取ると発表された。
日本の誇る偉大な平和学者、社会学者である児玉克哉博士は、そのタイミングという意味において、オバマ氏への授与よりは理解できるとはいえ、あまりに政治的にすぎる決定であり、理解し難いとも述べている。
確かに、”いつ” 平和賞を与えるかは高度に政治的問題であり、今がその時であると主張するのは無理があるのかもしれない。
といはいえ、EUという超国家的組織が、人類史始まって以来の壮大な実験であるばかりでなく、その成否に人類の未来がかかっていると考えているのは私だけではないだろう。

EUは今だ完成されない発展途上の組織であり、現在も様々な法的、経済的、組織的アプローチが試みられている。だがそれは、あえて一言でいえば、国家主権制限、克服の試みである。

ここでいう国家主権とは、死刑、宣戦布告に代表される殺人権、人類共通の財産であるべき、エネルギー資源、水などの独占権を差している。
それは神の代理人としての国家権力行使の制限であり、批判を許さない絶対的権威にかわって、理性と人間主義による統治を目指すものである。
それは転輪聖王による古代の理想の統治を彷彿とさせるものだ。だが、民主主義を標榜する今日では、理想の善政を行う哲人王は民衆それ自体でもあることを忘れてはならない。
EUの成否は、煎ずるところ、ヨーロッパ民衆の成熟度のみにかかっている。

ノルウェーでの大量殺人テロは、想像を絶する忌まわしい狂気だが、欧州において、そのために死刑復活を叫ぶものは皆無である。国家による殺人は個人による殺人と変わるところはなく、殺人を正当な手段として用いることは、彼が行った狂気の焼き直しにすぎないと、誰もが認識しているからである。
この意味において、すでに欧州は、国家の殺人権を超克した、歴史の次の段階に達しつつあるといってよい。

この民衆の人間主義への覚醒という一点を理解せずして、いかに知識人ぶってEUと欧州の未来を悲観的に語ろうとも、その本質の何ものをも理解したことにはならない。
それは、紆余曲折はあったとしても、決して後戻りのきかない歴史の決定的進歩であるのだ。

写真、文,schale


毎年10月に行われるスイス、アクサルプでの空軍デモンストレーションは、雄大なベルナーアルプスを舞台に、世界で唯一実弾を使用し、飛行機を山上から見下ろすアングルで知られる。
本来は各国の外交官、軍事関係者を招待しての内輪的な催しだったが、数時間の登山が必要にもにも関わらず、世界各国から航空ファンを集める催しとなった。
2012年は7000人の観客を集め、スイス空軍次期主力機に決まった、サーブ社(スェーデン)のグリペン戦闘機がスイス初飛行を披露した。





Camera EOS1DMark2, EF400mmF2.8, EF300F2.8IS, EF70-200F2.8IS

f0081988_8154653.jpg

f0081988_8173218.jpg

f0081988_835488.jpg
f0081988_8333195.jpg
.jpg|201210/19/88/|mid|1549|1033#]
f0081988_8473616.jpg
f0081988_83813100.jpg

[PR]
by schale21 | 2012-10-19 08:49 | Comments(0)