現代のレビアサン

”悪魔はしばしば人類のために、愛の本を書く。
併し、人間を汚辱したいと云う燃えるような願望をもって”
                  芳賀檀 第五の悲歌、喇叭の書より



f0081988_5551364.jpg


ネオリベラリズムの神が世界を席捲している。
この太古の昔から連綿と続く野獣の生命は、時には神に、時には神官に、時には国家の中に、その棲家を変えながら今日まで変わることなく生きながらえて来た。
だが、その本性は、古代より何も変わってはいない。

彼がその全存在をかけて注ぐ唯一の情念、それは人間を貶めること以外にはなく、その嫉妬の炎であらゆる人間の高貴さ、高潔さを汚辱して止まないことである。

彼の真実は醜悪極まりないが、しばしばその顔貌は優美であり、繊細であり、甘美の魅惑に満たされている。
しかもその力、執念、すべての存在の弱点を知り抜いたその智謀は、地上の最も優れた賢者の知性をすら凌駕する。

彼は常に語り続ける。
”全ては人々の幸福の為” であると。
その抗しがたい、胸を突く甘言。
社会と人間の心理学を極め抜いた深遠な智謀。

彼は彼に刃向かうものにさえ、驚くべき寛容の姿を見せる。
だが、彼の真実を見抜く者には、例えそれが一介の名もなき貧者、赤貧の乞食でろうとも、全力をもって破壊する。
人々に真実を知られ、知らされることが、彼の唯一の破滅であるからだ。

世界は今、自らすすんでこの獰猛な野獣の奴隷とならんとしている。この野獣を賛美し、新たな神の座を与えようとしいている。

奴隷の運命が常にそうであるように、精神の自由は耐え難い恩寵であり、自らすすんで奴属の道を選ぶばかりでなく、より低次の奴隷に対する残忍な支配者しても暴力を賛美して止まない大衆。
スペインの賢者、オルテガ・イ・ガセットが予見したこの大衆にとって、力に対する服従ほど心地よいものはない。
しかし、ついに待ち受けるものは、完全なる貧困と暴力のみであるにもかかわらず。


この、支配と被支配のみによって作られた社会、力の神を至上とする社会。
歴史は常に変転すると人はいう。
だが、その支配する法則は車輪の回転の如く、同じ運命を繰り返している。

今、フランス革命によって産まれた”国家”は解体され、”市場”がその地位を継承しようとしている。
かつてと同じように、人々はこの新しい神に跪き、賛嘆の声を上げ、競いながら讃美歌を捧げている。
しかし、彼らが賛嘆するものは、かつてと同じ悪魔であり、歩む道は地獄への道である。


schale


写真, デザイン 
"Ich will erst genommen werden! 私を最初に選んで"
ベルリンにて

Copyright: Yvonne Weber


f0081988_557208.jpg
f0081988_557018.jpg
f0081988_5562660.jpg

[PR]
# by schale21 | 2013-06-09 06:02 | Comments(0)

極北の光6   北海のサガ(伝説)

”ああ、師よ。フランスのガブリエル・マルセルはその日輪をまつる社殿の前で私にこう言ったのです。
「貴方方は神学という様なものがなくて、なんと幸せだったことだろう」と。
そうです、神を証明しなければならないようなものは、全て除かれて、ここには何もないのです”
                                  
                               芳賀檀 友情の書


f0081988_9574895.jpg

f0081988_9593727.jpg
f0081988_959152.jpg
f0081988_10113441.jpg





”せっかくここに来たのだから、一つ詩を書いていってくだされ”
そう、小さな宿屋を営む老いた農夫は語った。
老農夫は詩人であり、村のルター派教会のオルガン奏者であり、声楽家であり、そして農場経営者でもあった。
そしてこの土地には、悪さをする精霊はいないこと、玄関の大きな置き石は、農場を守るエルフであることなどを語ってくれた。
また、詩や芸術は、この、ときにあまりに厳しい自然と向き合うための、精神に必須の滋養であるとも。

一神教の神は残酷である。
その妥協なき厳格性の前に追いやられ、消えて行ったゲルマンの森の神々達の悲劇を、美しくも悲しく綴ったのはハイネであった。

だがこの地では、今でもその神々達の息吹が、凍てついた大地の中に、噴煙の立ち込める溶岩の原野の中に、壮麗な氷河の麓に、そして、人々の日々の生活の中に息づいている。



f0081988_10105615.jpg

f0081988_1055320.jpg

f0081988_1010351.jpg
f0081988_1091230.jpg
f0081988_1084654.jpg
f0081988_1075552.jpg
f0081988_1072967.jpg
f0081988_107555.jpg
f0081988_1017661.jpg

[PR]
# by schale21 | 2013-03-13 10:17 | Comments(2)

極北の光5  北海に浮かぶ人類の理想の大地  アイスランド

f0081988_2303234.jpg



あら海や 佐渡に横たふ 天の川
                                  芭蕉


人はなぜ海を越えたか。
逆巻く海は北海の荒海であり、瞬時も凪の姿を見せることはない。
それは、最も勇敢な北欧の戦士をも怖じ気させずにはおかない、怒りの奔流である。

かつて北方の人々を導いたのは、神秘の極光であったのであろうか。
あるいは永劫の天の川の輝きであったのであろうか。

いずれにしても、恐れを知らぬ勇猛の人々の胸深くには、永遠の何ものかへの憧憬が、強く強く鼓動していたに違いない。
それなくしては、人間の行動の何物をも説明できないからである。

今同じ憧憬が、人類の目指すべき理想の社会の建設を促すべく鼓動している。
かつて世界で最も勇敢で、しかし同時にもっとも深い暴力と破壊の闇に沈んだ社会において、奇跡と思われた絶対平和の社会が実現されようとしている。
その鼓動は、全欧州へと波及し、やがて全世界の潮流となってゆくだろう。

「絶対平和」, このエマニュエル•カントの理想から二百有余年。
今、人類は、この北方の勇猛の民を模範として、新たな歴史の一歩を築かんと苦悶している。

平和とは、勇気の異名である。
福祉とは、愛する者のために抜く剣の異名である。


schale


18世紀の偉大な詩人である芭蕉の詠んだ有名な詩句を耳にすると、宇宙の底流に流れる永遠の何ものかへの憧憬とともに、不可能に挑む人間の勇気ある決意の鼓動を耳にすることができます。
それは、生の高みに立つが故に、避けることのできない、恐るべき孤独に生きる詩聖の境地であるとともに、全ての人間に共通する不変の力の源泉を指し示しているのです。
もしハイデッガーが芭蕉を知悉し得たなら、ヘルダーリン、リルケと並ぶ、近代最高の詩人、詩人の中の詩人として賞賛していたに違いないでしょう。

かつて、アイスランドから、グリーンランド、そしてついには北米大陸まで航海を続けたバイキング達の胸には、どのような夢、希望が鼓動していたことでしょうか。
彼らを駆り立てたのは、 芭蕉を孤独な闘いへと導いたと同じ、永遠性への憧憬であったに違いありません。

今、あの恐るべき北海の荒海を越えた勇気と挑戦の炎は、絶対平和という、人類に残された最後の挑戦と開拓に向かって燃え続けています。
世界でもっとも勇敢な人々が、平和社会の実現という、もっとも勇気を必要とする挑戦に向かうのは、歴史の必然であったのかもしれません。



写真、文 シャーレ

Camera 1Ds, EF17-40F4, EF70-200F2.8IS

f0081988_2383424.jpg
f0081988_234754.jpg
f0081988_2334910.jpg
f0081988_2332555.jpg
f0081988_232828.jpg

[PR]
# by schale21 | 2013-01-09 02:40 | Comments(2)

極北の光 4  北海に浮かぶ人類の理想の大地 アイスランド



”人は地上を馳せる以前に、早くも、まず天界を,そして星座の圏を馳せていた”
                           芳賀檀  贈与の書


f0081988_1194544.jpg




新月に征く旅人を照らす極光よ 
天空に渦巻く 戦いの鮮烈よ
それは宇宙の永遠の闘争を告げる   壮大な咆哮である
この奇跡を前にして   地上のいかなる偉大な芸術家も 恥じ入る他はない

美と闘争  
破壊と贈与  
太陽が  その憤怒の形相を告げるとき
極北の光もまた   その極限の美を我らに教授して止まない

ああ   何処へ向かわんとするか   我らの生よ
この地上数百kmの天空における  死を賭した戦いの讃歌を見るがよい
この戦いなくして  生はない
それは  地球という大きな生が   我らの命を守るための闘争の炎なのだ
それは薔薇の讃歌と同じ奇跡である
そして薔薇の美と同じく はかなく美しい
ただ、燃え尽きること、 自らを贈与して滅びることが全てである
それが  宇宙と生命、そして美の唯一の法則なのだ

schale

Camera
1Ds, 5Dmk2, 24mmF1.4 他

f0081988_1120037.jpg
f0081988_11193229.jpg
f0081988_11191460.jpg
f0081988_11183019.jpg
f0081988_1118683.jpg
f0081988_11164798.jpg

[PR]
# by schale21 | 2012-12-07 11:21 | Comments(2)

極北の光3  真夏の豊穣 シュピッツベルゲンの生

f0081988_10211584.jpg

f0081988_10233517.jpg


私たちが追いやった野生たちは、今や極北の地、熱帯の密林の中にわずかに、そしてひっそりと残されるのみである。

環境破壊。
それは私たち自身の生命そのものの破壊に他ならない。
それは、環境という外部の破壊ではなく、心という目には見えない、しかし、宇宙の最も決定的で本質的な営みの破壊の投影にほかならない。

人は神になろうとした。
全て、創造と破壊の力を手にしようと、もがき、苦しんだ。
だが、彼らが神と信じたものは、破壊と嫉妬の悪魔に他ならなかったのだ。

この最後の楽園に暮らす動物たちは、今だ恐れることを知らない。
躍動する、見知らぬ者への好奇に満たされている。
好奇とは、世界に対する信頼と愛の証に他ならない。
しかしもう、残された時間と場所は、わずかもない。

紀元前5世紀。第一の枢軸時代において、私達を導いたのは、偉大なる覚者、人類の教師たちだった。
ある歴史家は、紀元前後から7世紀にかけて、イエスの思想や大乗仏教の興隆の時代を第二の枢軸時代と名付ける。砂漠の部族の古く非人間的な伝統と対峙し、女性たちを野蛮な暴力から解放せんと試みたモハメッドも同様である。
それは、先覚者の思想を、知的エリートの専有物から解き放ち、万人のものとするための壮烈な戦いだった。

今、新たな枢軸時代にあって、私たちを導くのは偉大な天才達ではなく、私たち自身意外にはないのだ。
それは、さらに大きな世界精神の目覚めである。




北緯80度、ノルウェー領、シュピッツベルゲン島は、スカンジナビア北端と北極点の間に浮かぶ氷河に満たされた孤島である。
この永久凍土の大地の奥深くには、核戦争の惨劇に備え、地球の生命の種子を絶やさないため、世界各地の植物の種子が保存されているという。
なんという愚かなことであろうか。
私たちは私たちの知性を、より本質的で、より価値的、創造的なもののために使う事を学ぶべきである。

文  Schale
写真 Simona Schale


Camera EOS5Dmk2, EOS400D,
Lens Sigma 80-400mmF5.6, EF18-55mmF5.6, Tamron 90mmF2.8Macro
f0081988_10243647.jpg

f0081988_10263779.jpg

f0081988_10493494.jpg
f0081988_1048327.jpg
f0081988_10442750.jpg
f0081988_1044149.jpg
f0081988_10433496.jpg
f0081988_1043283.jpg
f0081988_1042337.jpg
f0081988_10423788.jpg
f0081988_10421110.jpg
f0081988_10393543.jpg
f0081988_10385968.jpg
f0081988_10383676.jpg
f0081988_10384545.jpg
f0081988_10355760.jpg
f0081988_10353716.jpg
f0081988_10355293.jpg
f0081988_10352491.jpg
f0081988_10341179.jpg
f0081988_10342787.jpg
f0081988_10322985.jpg
f0081988_1032525.jpg
f0081988_10294145.jpg
f0081988_10283273.jpg
f0081988_1028855.jpg
f0081988_10274636.jpg
f0081988_10272095.jpg

[PR]
# by schale21 | 2012-10-29 10:49 | Comments(5)

徒然の所感  1 EUノーベル平和賞、領土問題、、エラスムスのことなど、、

アクサルプ, スイス空軍ショーにて

f0081988_814201.jpg

スイスアルプス山中での実弾空軍訓練は、ギサン将軍の命による第二次大戦中からのスイス空軍の伝統である。
写真はスイスに導入検討中のスウェーデン製グリペン。




現代フランスの天才的な社会学者、政治学者であるエマヌエル・トッド氏は、自分は歴史の進歩を信じていると述べている。

男女青年世代の識字率が50パーセントを越えると、その社会では必然的にあと戻りのきかない激変が起き、同時に出生率の低下が起こり始めると。多くの場合、とりわけ女性の識字率が大きな影響を与えるという。また、読み書きの出来る息子と文盲の父と言う関係は、社会の伝統的権威を根底から覆す影響を与えるとも。

その歴史法則は、例外なくいかなる社会も共通であり、それはかつてのクロムウェルの革命、フランス革命、ロシア革命、中国の革命であり、また今日の北アフリカをはじめとするイスラム諸国での変動もその延長にすぎないという。
そして最後の地、アフリカ内陸において識字率が50%を越えるのは2030年頃であり、この時から人類史はその発展の新しい局面に入るだろうと。
このある種の楽観主義的世界観は、近代ヨーロッパに流れる、良い意味での啓蒙主義、ひいてはその淵源でもある人文主義を彷彿とさせるものである。

この度、驚くことにEUがノーベル平和賞を受け取ると発表された。
日本の誇る偉大な平和学者、社会学者である児玉克哉博士は、そのタイミングという意味において、オバマ氏への授与よりは理解できるとはいえ、あまりに政治的にすぎる決定であり、理解し難いとも述べている。
確かに、”いつ” 平和賞を与えるかは高度に政治的問題であり、今がその時であると主張するのは無理があるのかもしれない。
といはいえ、EUという超国家的組織が、人類史始まって以来の壮大な実験であるばかりでなく、その成否に人類の未来がかかっていると考えているのは私だけではないだろう。

EUは今だ完成されない発展途上の組織であり、現在も様々な法的、経済的、組織的アプローチが試みられている。だがそれは、あえて一言でいえば、国家主権制限、克服の試みである。

ここでいう国家主権とは、死刑、宣戦布告に代表される殺人権、人類共通の財産であるべき、エネルギー資源、水などの独占権を差している。
それは神の代理人としての国家権力行使の制限であり、批判を許さない絶対的権威にかわって、理性と人間主義による統治を目指すものである。
それは転輪聖王による古代の理想の統治を彷彿とさせるものだ。だが、民主主義を標榜する今日では、理想の善政を行う哲人王は民衆それ自体でもあることを忘れてはならない。
EUの成否は、煎ずるところ、ヨーロッパ民衆の成熟度のみにかかっている。

ノルウェーでの大量殺人テロは、想像を絶する忌まわしい狂気だが、欧州において、そのために死刑復活を叫ぶものは皆無である。国家による殺人は個人による殺人と変わるところはなく、殺人を正当な手段として用いることは、彼が行った狂気の焼き直しにすぎないと、誰もが認識しているからである。
この意味において、すでに欧州は、国家の殺人権を超克した、歴史の次の段階に達しつつあるといってよい。

この民衆の人間主義への覚醒という一点を理解せずして、いかに知識人ぶってEUと欧州の未来を悲観的に語ろうとも、その本質の何ものをも理解したことにはならない。
それは、紆余曲折はあったとしても、決して後戻りのきかない歴史の決定的進歩であるのだ。

写真、文,schale


毎年10月に行われるスイス、アクサルプでの空軍デモンストレーションは、雄大なベルナーアルプスを舞台に、世界で唯一実弾を使用し、飛行機を山上から見下ろすアングルで知られる。
本来は各国の外交官、軍事関係者を招待しての内輪的な催しだったが、数時間の登山が必要にもにも関わらず、世界各国から航空ファンを集める催しとなった。
2012年は7000人の観客を集め、スイス空軍次期主力機に決まった、サーブ社(スェーデン)のグリペン戦闘機がスイス初飛行を披露した。





Camera EOS1DMark2, EF400mmF2.8, EF300F2.8IS, EF70-200F2.8IS

f0081988_8154653.jpg

f0081988_8173218.jpg

f0081988_835488.jpg
f0081988_8333195.jpg
.jpg|201210/19/88/|mid|1549|1033#]
f0081988_8473616.jpg
f0081988_83813100.jpg

[PR]
# by schale21 | 2012-10-19 08:49 | Comments(0)

極北の光 2  サーミ人の揺かご

遊牧民に歴史はない。
それは歴史記述が欠如しているからである。
そこにはただ日々の生活と、それを支える文化があるのみである。

人間が、自らの事績を記録に止めるようになって以来のことを有史と呼ぶ。
前漢時代の文官、司馬遷や、地中海世界(当時の全世界)の歴史を綴ったヘロドトスは、人類最初の歴史家とも呼ばれる。
確かに、体系的に、また、歴史記述を一つの世界観の表明、あるいは一つのモラルの体系に基づいて記述したという意味では、現代まで至る、その後の歴史記述の先駆けとなったといえるのかもしれない。
つまり彼らは、歴史を一つの意志にもとづいて創造した最初の人間だったのだ。

しかしそこには、すでに体系的記述をなすにふさわしい、長い興亡と衰退の歴史があった。
彼ら以前の歴史は、しばしば神官等によって神話として記述され、あるいは聖典として、あるいは人類史に残る偉大な叙事詩として、今日の我々にまで深い影響を与え続けている。
しかし今日まで残るそれらの古代の神話の多くは、都市文明、農耕文明が産まれて後のものである。

農耕によって人類は定住文化を生み出した。
その狩猟、採集文化から、農耕、定住文化への移行は、人類の歩んだ最も劇的な変化であったと言われる。
おそらく、それに次いで本質的な変化は、産業革命、エネルギー革命によってもたらされたものであろう。

それ故、概ね歴史の始まりとは、この最後の氷河期が終わりを告げ、間氷期に入った1万年ほど前のこととされている。
この時に人類は、最初の都市とその城壁を築きあげ、富の蓄積をはじめ、それによって様々な専門的な職業集団を生み出し、軍隊を組織立て、権力の集中とそれに伴う権力行使の手段、その機構を生み出したのだ。

だが、この新しい文明はまた、恐らくそれまでにない決定的に新しい性格を有していた。
それは、自然を自らの意志に添うものとなるよう働きかけ、それと戦い、操作し作り変え、ついにはその支配者として君臨することを願うという性格である。
今日にいたるまで、仕事をする、あるいは何かを成し遂げるとは、概ねこの自然への操作、自然との戦いを指しているといってよい。

そしてこの働きかけを行わないものは、その行為にどんな努力を注ごうとも、どれほど純粋な動機に突き動かされたものであっても、通常の意味で仕事とは見なされることはない。
ここに自然は、克服されるべき困難、そのままでは人間に艱難辛苦をもたらす敵と見なされるようになったのだ。

私達は、歴史の記述において、また、文明の評価において、そして個人の行為の評価において、つねにこの基準を持ってしてその判決を下してきた。
つまり、人生の成功、あるいは力の行使などは、常にこの敵である自然との関係性の中で捉えられてきたのである。

すなわち自然は計画しうるもの、管理しうるものであり、その未来もまた、私達の手中にあると。
そして、ついにはその力の行使という理想は、その運命論的、決定論的思考に促されながら、遺伝子の改変の中に実現されようとしている。

私達はもはや、自然が私達に与えてくれた何物をも、もう感謝をもって、そのままでは受け取ることができないのだ。

そして今、全てを手にし、そして同時に全てから断絶した我々は、生きる屍骸となって、この惑星を亡霊のように徘徊している。
あたかも艱難の果ての勝利の歓喜の絶頂に満ちながら、自らが破壊した廃墟のただ中で、すべてを喪失し立ちつくす兵士のように。。。。

ああ、どうして涙なくして、この悲劇を堪えることができよう。
どうして、死に至るほどの痛恨に苛まれることなく、私達自身が産み出した惨劇と、この恐るべき孤独を支えることができよう。

すでに18世紀において、私達が歩む道が、決定的に間違いであり、惨劇をもたらす破滅の歩みであることを知るものはいた。
ルソーはその最初の一人であったのかもしれない。
ヘルダーリンやニーチェは、その悲劇を、自らの精神の崩壊を持って体現した。
ドストエフスキーやトルストイの叫びは、全存在を賭けたものであった。
しかし、彼らに本気で耳を傾けるものは皆無であった。

私たちは今、歴史の一つの終着点に立っている。
この非人間であることを強要される世界から、再び私達自身を取り戻すことはできるのであろうか。
また、再び、私達が奪わざるを得なかった生に対する感謝と、悔悛、そして責任の中で、自然からの贈与である富を分かち合う世界が、そして静寂な祈りに満たされ、許しを乞える日が来るのであろうか。


遊牧民に歴史はない。
それは彼らが、過去や未来にではなく、今に生きる人々だからである。


f0081988_1026327.jpg
f0081988_1026254.jpg
f0081988_10252548.jpg
f0081988_10245184.jpg
f0081988_1024591.jpg
f0081988_10231399.jpg
f0081988_10224687.jpg
f0081988_1022831.jpg
f0081988_10214261.jpg


写真 EOS1Ds EF24mmF1.4 EF300mmF2.8IS
ラップランド原住民、サーミ人の揺りかごほか
イナリ(フィンランド最北部、イナリ湖畔の村)の先住民博物館, キッティラ周辺にて
ここには他に、サーミ人議会がもうけられている。
[PR]
# by schale21 | 2012-02-10 10:30 | Comments(9)

極北の光  北極連邦

何という光だろう
言語に絶した美の極致!
光がこれほど尊く、そしてあまりに豊穣であることにただ全ての言葉を忘れて立ち尽くす

ああ、光があふれている
それは 大地からさす光だ
極北の地とは、大地と天空が出会う場所なのだ
それ故 動物たちもまた、神々の忍耐と快活さ、明るさに満ちている

天蓋を飾るのは夜の光たちだ
ここには暗黒は なく、絶望もない
なぜなら絶望とは 断絶の異名に他ならぬ故に
世界を包みゆく光のカノン
大地はそのまま宇宙と繋がっている
欠乏であるがゆえの 豊穣に満ちている



北緯70度、そこは北極圏と呼ばれる世界である。
そこでは、太陽は決して天柱から注ぐことはない。
地平線から覗いた太陽は、まるで飛び立つことをためらう鳥のように、地上からわずかに飛翔して、ゆるやかに徘徊するばかりである。
夏になれば、太陽は大地に降り立つことはなく、そして冬には、地平線の下から、その青い光の天蓋を映し出すばかりで、ついにその姿をみせることもない。

太陽という、地球上で最もかけがえのないリソースは、極北の地では、この世を離れたような極限の美のハーモニーを奏でながら、そこに住む生き物たちを照らし出している。ここでもまた、奪い合うことではなく、ただ身を任せ、享受し、感謝することが全てである。

それ故に、ここで流れる時間もまた、私たちの知る時間とは別のものだ。
そこでは、時間という貴重な資源もまた、奪い合われることから逃れ出て、自然が私たち贈ったかけがえのない宝として、共有し合われ、まるで、深い銘酒を共に味わうかの様に、分かち合われている。

北欧ラップランド、シベリア、アラスカ、カナダ、グリーンランド、アイスランド、そこに住む、古代からのサーミ人やエスキモー達。
ここの遊牧民にとって、国境は無意味で抽象的なものでしかなかった。
ただ、そこに住む人々の、自然の中に生きる生活があるのみである。
私は将来、従来の国境の枠を超えた、北極連邦が築かれればという願いをもっている。
それは、人間協和の、新たな先駆的な試みとなるかもしれない。

schale
ラップランド(フィンランド)にて
Canon 1Ds

f0081988_10254183.jpg
f0081988_1016574.jpg
f0081988_10154336.jpg
f0081988_10152135.jpg
f0081988_10145156.jpg
f0081988_10141090.jpg
f0081988_10133433.jpg
f0081988_10125891.jpg
f0081988_1012642.jpg
f0081988_10112588.jpg

[PR]
# by schale21 | 2011-11-30 10:26 | Comments(2)