挑戦

広大なアルプスに人が挑むようになったのは、比較的最近のことです。
18世紀後半にロマン主義の影響で、自然を美として見る考えが西洋で生まれたからです。
自然に帰れと叫び、自然人のあり方を理想としたルソーの考えは、その先駆けといえるでしょう。

すでに古代において、自然の美を詠った東洋人、とりわけ日本人の感覚がこの点ではどれだけ先進的であったか知ることができます。
というより、近代西洋文明は唯物主義的な物質文明にその特徴があり、人間とその心理の解明にはほとんど力を注いでこなかったのが、この分野における後進性の原因の一つかもしれません。

いずれにしても、人間の挑戦の場として、今日では山は人を惹き付けてやみません。

純白の雪に最初のシュプールを刻む、目もくらむような急斜面に挑む。
雪崩をはじめとする死の危険との隣り合わせの挑戦に、今日も多くの人が挑みます。
f0081988_651413.jpg
f0081988_6514885.jpg
f0081988_6522357.jpg

[PR]
by schale21 | 2006-03-05 06:53 | 詩と文学


<< 雲 夕暮れ >>