運命との闘争

”登れば登る程、人間の限界はなおいよいよ遥かであった”
                                                             芳賀檀


第一回  ベートーベンのロマンス

轟く雷鳴 天空を揺さぶる激怒の来光
貴方の正義の憤怒と不正への挑戦は 神々をも震撼させて止まない

この地上に 貴方以前に芸術はなく 貴方以後に音楽もない
”音楽こそ神々にもっと近いもの それ故音楽家こそ神々のもっとも近くにいる者”

神々の領域を地上にもたらそうとの企てに 人間を汚辱せずにはいられない嫉妬の運命の挑戦

酒乱の父 度重なる殴打
貧困と 最も愛する身内の裏切り
精神を理解せぬ 軽薄なビーダーマイヤーのウィーンの聴衆
そして神々の旋律をつなぎ止める奇跡の聴覚の喪失

ああ、なんと運命は過酷に残酷に貴方を妬めしことよ
なんという不正と無理解が 妖怪のごとく貴方を悩めしことよ

しかもなお 不可能を前にして一歩も引かない貴方の挑戦は
人間が ”それでもなお” 自らの運命を自らで決めゆくことを
古代の神々とは 偉大な人間に他ならぬ事を指し示してくれた
人間とは卑小な貧しい存在ではなく  奇跡そのものであることを
この芸術を越えた芸術に この天と地上を結ぶ限界への登攀に
私たちもまた 連なりゆく未来を教えてくれたのだ

schale

                    
”愛される者より愛する者は常に偉大である”
このかなわぬ恋に悩む、ある若い詩人にリルケが送った言葉ほど偉大なものはありません。
偉大な人生、偉大な芸術とは、与えて与えて遂には自らからが滅び去るまで与えて止まぬものなのです。

フランスの批評家アランは、あのトルストイの戦争と平和を50回読んだといいます。
ちょうど太陽の前では、あらゆる存在が燃え尽きるように、炎に近づきすぎる虫達が焼き焦がれるように、偉大な芸術の前にただ身を任せ、卑小な私たちはその前で押しつぶされ、なすすべもなく圧倒され、叩き付けられるほかないのです。

ベートーベンの難聴については現在でも諸説があり、定説はありません。
幼年時代の父親による殴打説、梅毒説、ワインによる鉛毒説。
ともかく三十代の芸術家としてもっとも充実した時代に、それはあまりにも過酷な運命として襲いかかってきました。

生涯に70回以上引っ越しをしたと言われるベートーベンの住居の大半は、ウィーンとその周辺にあります。
その現存するはいずれも二部屋ほどの質素極まりない小部屋。
冬はまだ市壁の残るウィーン旧市街で、夏は主にハイリゲンシュタットやバーデンなど、郊外のウィーンの森の農家の一室でひっそりと暮らしていました。
生前から高名な音楽家であったため収入は十分あったはずですが、甥を巡る訴訟や、その他の不明な人間関係のため浪費されていたようです。
身長は160センチ少々、当時としても小柄だったようです。

このような激情的で生涯孤独なベートーベンも、幾度かの恋愛を経験しています。
そして天才の恋が常にそうであるように、それは生命を賭けた激しく熱情的なものでした。
しかしこの卓越した天才にして、徹底した理想主義、自由主義者、そして激情家のベートーベンの恋が、常に”不可能の恋”であったのは当然なのかもしれません。

この失恋と難聴の重なるもっとも辛い時期にまた、最も美しい後世に残る作品の数々を残していることに驚きを禁じ得ません。
”ロマンス ヘ長調”はそんな時期に書かれたものの一つですが、悲しい思いや悲劇的なものを感じさせるものは何もなく、どこまでもおだやかで美しく、伸びやかで屈託のないものです。私はそこに天才のあまりにも大きな偉大さと、想像を絶する生命力を感じずにはいられません。
彼にとって恋とは奪うものではなく、どこまでも与えるものであったからです。愛する事にこそ意義があるのであって、愛される事にあるのではない。
この激しくも、大きな大河のような豊かな生命に、深い深い感銘を受けるのです。

schale


ベートーベン ロマンス ヘ長調 
http://www.geocities.jp/h_ikem/romanzfv.htm  
Ikemyさんのご好意により提供していただきました

こちらでは20世紀最高のバイオリニスト、ユーディ メニューイン氏のストラディバリによる演奏。著作権の問題がありそうなので、削除するかもしれません。
http://www.youtube.com/watch?v=21fPNI9sPBc

”運命への挑戦”は不定期に、逆境に立ち向かって人生の意義と、人間の力を示してくれた偉業を取り上げたいと思っています。
予定はヘルマン マイヤー、私の友人達、またベートーベンは数回取り上げる予定です。

写真 schale  カメラ Canon 1Dsにて

f0081988_9472791.jpg
f0081988_9493984.jpg
f0081988_9503728.jpg
f0081988_9522291.jpg
f0081988_9535720.jpg

[PR]
by schale21 | 2007-03-08 09:56 | 運命との闘争 | Comments(10)
Commented by Capucci-mm at 2007-03-08 10:07
バイオリン!?格好いい~~!!
工房でしょうか??(@_@)
Commented by schale21 at 2007-03-08 10:40
カプチさん、はっはやい! めったに更新しないのに申し訳ないです。
そうなんです、実は公表にはここの校長に許可えないといけないんですが、私的なプログなので明日伝えておきます。

先日テレビでストラスバリを探している若いスターバイオリストの話を見ました。
ロシアまで出かけたり大変なようですが、一台数億円からで市場に出てるのは20台程だとか。
写ってるのは100〜300万円ぐらいのものです。
レンズは200mmF1.8、こういう使い方も結構いいですね。
Commented by oz-dayo at 2007-03-08 14:51
おじゃましま~す!
やっぱり218でしたか~(^^ゞ
最近12mmのチューブ付けて撮ったりしてます(笑)
寄れるので面白いですよ。
わずかに柔らかくなってしまいますが、元がいいので問題無しのレベルです。

クラッシックはピアノメインですが好きなので、反応してしまいました(^^ゞ
Commented by palms-7 at 2007-03-08 22:20
20歳代後半には持病の難聴が悪化し、「ハイリゲンシュタットの遺書」と呼ばれる遺書を書いてますよね・・
恋人に裏切られ、音も聞こえなくなっていく・・
死を考えたそんな中ベートーベン本人を救ったのは他でもないその恋人の為に作った「月光」
その後中期を代表する作品が書かれ、ベートーヴェンにとっての傑作の森と呼ばれる充実した時期となると言うのは感慨深い物があります。

晩年は慢性的な体調の悪化に加えて、甥の養育権争いその甥の自殺遂など心身ともに疲弊した日々の中、さらに研ぎ澄まされた感覚で作曲活動を続けた姿勢にはベートーヴェンが到達した境地の高さが現れているように感じます。

困難があろうとも前に進み続けるその姿勢に音楽の神が舞い降りたのかもしれませんね♪



Commented by schale21 at 2007-03-09 08:26
ozさん、そうですね、寄れないのがこのレンズの最大の欠点ですね。しかし描写は並外れています。はまった被写体では全EFレンズ中最高でしょう。ここもかなり暗いのですが、難なく撮れますし。また美人さん探して使いまくりますよ。笑

Commented by schale21 at 2007-03-09 08:27

palmsさん、いつもどうも。さすがお詳しいですね。実は昔、遺書の家のすぐ近くに住んでいて、管理人さんも知り合いだったのですよ。実際はエロイカハウス(3番を書いた家)の隣だったのですが。
今回ウィーンにいっていろいろ撮影したかったのですが、友人達と過ごす時間で精一杯でとても時間が足りませんでした。また次回ですね。

まあ、彼の精神力、人生はあまりに並外れていますね。これ以上の人は思い浮かびません。確信の力、激しい生き方という意味ではセルバンテスとかルターとか日蓮とかイエスとかソクラテスとか思い浮かびますが、ほとんど例がないといってもいいと思います。実際ほとんど宗教じみていますね。笑

ともかく、彼がこの苦悩との戦いを、素晴らしい芸術として我々に残してくれたことにいかに感謝を捧げても捧げすぎることはないと思います。
Commented by lord-shiva at 2007-03-12 22:18
こんばんは☆
雪山に彩る赤、美しいです。
次の写真のバイオリンの艶やかな色合いに似ているところが、つながりを感じます。
Commented by schale21 at 2007-03-15 08:45
lord-shivaさん、ご訪問ありがとうございます。実はこの写真、間違えてjpegで撮ってしまって消そうと思ったのですが、サイト用に残しました。
山名ユングフラウは乙女の意味ですが、似合わず、いや似合ってか近寄り難い山容です。笑
Commented by stf_y at 2007-03-21 12:33
上の記事に対する感想は気軽に書けるものではないので、
とりあえずはこちらへ書いています(苦笑)

私は第九の第4楽章を歌ったことがあります。
(大学のときのサークルのようなもので、ですが。)
あの第九そのものを書こうとしたのは確か若い頃のはずですが、
最終的に、
とりわけ第4楽章を形に出来たのは人生の終わりに近づいた頃。
そこまでのあまりに大きな艱難辛苦と、
もはや信仰そのものといっていい美の追求の過程を経ないことには、
不可能な作品だったからこそ、と思います。

あの第4楽章はあまりに美しく、崇高です。
ベートーベンの人生を知り、その歌詞の意味も知ると、
そう軽々しく語ることができない曲だと感じています。
(私はまだほんとうには「知って」はいないはずですし。)

あと、今回の写真、とりわけ1・2枚目は、
この文章にぴったりですね。
何かベートーベンのはてしない孤独と、
はてしない何者かの存在を感じるような雰囲気です。
Commented by schale21 at 2007-03-22 07:35
stfさん、感想は気楽で大丈夫ですよ、僕もテーマはともかく、楽しんでやってます。笑

ベートーベンの果てしない孤独、あらゆる真に偉大な人は、この孤独を乗り越え、答えを提示し、普遍なものへと昇華していますね。

第9はまさに、ベートーベンという個人を越えて、人類そのものの偉大さを示すものかもしれません。
私たちはいまだその途上にあって、いずれは到達すべき高みに向かっているともいえるでしょう。

彼については数回は取り上げるつもりですので、また見に来てください。ありがとうございました。

ps、フジSpro5、凄い性能ですね。ブログ拝見するのが楽しみです。


<< ドンキホーテ 薔薇のカデンツ >>